注目のセミナー

※都合により講演者・講演時間が変更する場合がございます。

2月15日(水)

特別企画13:15 - 17:00

主催機能性フィルム研究会
後援株式会社加工技術研究会
協賛関西コンバーティングものづくり研究会 / 株式会社JTBコミュニケーションデザイン
場所マテリアル&エネルギーオープンステージ(東2ホール内)

<パネルディスカッション>

有機EL市場に向けたLCDパネルメーカー・フィルムメーカーの狙い

パネリスト:
株式会社​ジャパンディスプレイ​
執行役員CTO​・​次世代研究センター長(博士)​​
瀧本 昭雄 氏

パネリスト:
日本ゼオン​株式会社
執行役員​
高機能樹脂・部材事業部長​ ​事業部長
豊嶋 哲也 氏

パネリスト:
大日本印刷​株式会社
執行役員 ファインオプトロニクス事業部​ ​事業部長
土屋 充 氏

モデレーター:
株式会社矢野経済研究所 インダストリアルテクノロジーユニット エネルギー機械産業 グループ長 日栄 彰二 氏

炭酸ハイブリット塗装システム ~塗料・シンナーのVOCを半減~

長瀬産業株式会社 
ナガセアプリケーション 
ワークショップ(NAW)
光本 政敬 氏

加美電子工業株式会社 
取締役開発部 部長
早坂 宜晃 氏

大気・人体汚染の原因となるVOCの排出抑制が推進される中、我々は「炭酸ハイブリッド塗装システム」を開発している。この塗装システムは溶剤系塗料に使用するシンナーを液体二酸化炭素に替えることでVOCを約50%削減する。技術的課題として、塗料成分の樹脂が装置内で析出し閉塞を起す問題があったが、樹脂と液体二酸化炭素の相溶性試験を繰返し、最適な配合理論を見出した。さらに塗着効率の大幅UP、厚膜塗装、乾燥速度UPも見込める塗装システムであることを紹介する。

※機能性フィルム研究会会員以外の方は立ち見になる可能性がございます。予めご了承ください。

サーマルマネジメント・マテリアルセッション10:30 - 16:00

主催産業技術総合研究所
場所コンバーテックステージ(東3ホール内)

パワーエレクトロニクス、車両、発電、モーター、LED等の分野では、発熱をどのように抑えるかが問題になっており、放熱材が開発されています。一方、熱効率を向上させるための断熱材の開発も同時に進められています。本セッションでは、これらヒートマネージメントに関わる材料技術と応用例を紹介いたします。
講演予定: 住友精化株式会社、産業技術総合研究所化学プロセス研究部門、(株)アスター、ジャパンマテックス(株)他

次世代プリンテッドエレクトロニクス技術セミナー11:00 - 16:00

主催次世代プリンテッドエレクトロニクスコンソーシアム/産業技術総合研究所(AIST)フレキシブルエレクトロニクス研究センター
場所シーズ&ニーズセミナー C会場(東6ホール内)

新しい「ものづくり」技術として期待されているプリンテッドエレクトロニクス。
印刷形成されたエレクトロニクスやフォトリソグラフィー代替技術といった視点に加え、来たるべきIoT社会が必要とするデバイスやサービスにプリンテッドエレクトロニクスをどう活かすかという視点から、我が国のみならず海外におけるプリンテッドエレクトロニクスの応用先を考えます。

Key word:フレキシブルエレクトロニクス / ストレッチャブルデバイス / ウエアラブルデバイス / ハイブリッドエレクトロニクス / トリリオンセンサ

2月16日(木)

加飾技術オープンセッション I10:30 - 16:30

場所マテリアル&エネルギーオープンステージ(東2ホール内)

加飾技術を使用するユーザーに自社製品のデザインコンセプト、材料・技術に対するニーズ について 講演していただき、装置メーカーや加工業者などのサプライヤーを結びつけることを目的とします。
今回の3次元表面加飾技術展では 、 内外装ともに加飾フィルムの採用が進む自動車を特集し、大手自動車メーカーを中心にその動向や可能性について、有識者を集めてセッションを行います。
また 、 自動車分野以外にも住宅建材、家庭用電気製品におけるデザインや加飾技術に求められる課題、カラーデザインの最新状況など、加飾技術やデザインにまつわる情報を発信いたします。

新機能ペーパーセッション10:30 - 16:00

場所コンバーテックステージ(東3ホール内)

従来の紙にはない様々な機能や特性を付与した「機能紙」。その用途は広がり、耐油・耐熱紙などのパッケージ分野から、エレクトロニクス、自動車分野へと多くの産業界でも活用されています。そのような機能紙が持つ可能性を一望できる「新機能ペーパーゾーン」の開設を記念して「新機能ペーパーセッション」を開催いたします。プラスチックの機能性を向上させる素材として注目を集めているセルロースナノファイバー(CNF)の現状と産業展開を中心に、機能紙のアプリケーション、未利用木質資源の活用に関する機能紙の最新動向について講演を行います。

2月17日(金)

機能性マテリアルセッション10:25 - 12:40

場所コンバーテックステージ(東3ホール内)

10:25-11:10 JST-ERATO彌田いよだ超集積材料プロジェクト(東京工業大学)

上手に混ぜて価値の芽を!
~革新メンブレン、ミニEUV発生、次々世代電波吸収、そして液状タンパク質~

11:25-11:55 大阪市立工業研究所

大阪市立工業研究所の工業化を目指した素材関連先端技術

12:10-12:40 浜松ホトニクス(株)

静電気でお困りのあなたに 光がもたらす静電気除去の新たな可能性

加飾技術オープンセッション II12:55 - 16:40

場所コンバーテックステージ(東3ホール内)

加飾技術に関する最新の技術情報を発信いたします。
話題のフィルムオーバーレイ成形技術を筆頭に、加飾フィルム・機能性インキ・転写技術など、最新の3次元表面加飾技術に関する技術的な情報を出展者からお送りし、その可能性について考える場といたします。

Photo
Return Top